「L」と「R」の発音の仕方について

まず、「L」と「R」は、より多くの発音(単音)に対応する従来の記号であると言わなければなりません。しかし、日本語はそれらやそのバリエーションを区別しないので、単一言語の日本人の大多数はこれらの音を区別せずに成長します。

ただし、より完璧なアクセントと発音というものは存在しないという前提はありますが、この発音の違いを理解することはあなたの語学力を引き上げてくれるでしょう。

その上、「L」と「R」の音は言語ごとに異なる可能性があります。

実際の文字と、発音が違うことが今回のテーマとなります。

ネイティブスピーカーには、いろんな発音の種類があります。

例えば、日本語では、おんな、さんま、まんがの、『ん(音素/ N /)』の発音が異なります。

その『ん』の文字の発音は、隣の文字と、話し手によっても変わります。

少々難しい概念になるかもしれませんが、

英語では、「L」(音素/ l /)は単音[ɫ]と[l]に対応します。
イタリア語では「L」(音素/ l /)は単音[l]に対応しますが、音節「GLI」は[ʎ]発音されます。

英語では、「R」(音素/ r /)は単音[ɹ]と[r]に対応します。
イタリア語では「R」(音素/ r /)は唯一の単音[r]に対応します。

他の言語では、[ʀ̥]、[ɹ̠˔]、[ʁ]、[ɢ̆]なども見つけることができます。 「R」と「L」のすべてのバリエーションに興味がある場合は、このページにアクセスしてください。

上記の知識がなくとも、話すことは出来るのですが、上記を知っていれば、より完璧なアクセントと発音が存在しないということがわかるかもしれません。

では、慣れていない人が、さまざまな音を発音して、認識する方法をどのように学ぶことができるでしょうか。

このプロセスは、新しい楽器の演奏を学ぶのと本当に似ています。実際、あなたは自分の声を使う新しい方法を学んでいます。 2つの音を出す多くのネイティブスピーカーに耳を傾け、それらを模倣するようにしてみて下さい。

この時点で、完璧なアクセント(訛り)のようなものはないことを覚えておくことが重要です。したがって、特定のアクセントを真似することに焦点を当てるのではなく、習得しようとしている音を区別し、発音を明確にすることに焦点を当てる必要があります。どちらかといえば、アクセントを持つことは特徴を持つことであり、それは私たちをより面白くします。異なるネイティブの話を聞く練習をすると、同じ国の人でも話し方が違うことに気付くでしょう。日本人にも同じことが起こります。

練習すればするほど、新しい音に慣れてきて、それを認識できるようになります。また、自分自身を修正して、自分の言っていることやモデルがどの程度違うかを評価することもできます。

「英語でLとRを発音する方法」に関する実践的なアドバイスについて:
-L音を出すには、舌先を上に向けて前に出し、口蓋まで持ち上げます。唇はよりニュートラルでリラックスした状態を保ちます。
-Rの音を出すには、舌先を下にしてさらに後ろに向け、何にも触れていません。 R音では、唇が多少丸みを帯びることがありますが、特に単語の冒頭では、唇が大きく丸みを帯びています。

新しい発音を習得できるのは色んな利点があります。聴力は細かくなったり、歌を歌う時の発音は綺麗になることもありますし、自分の話し方を認識できます。最後に(Last but not the least) 話せる音が増えるから新しい言語を学ぶのが簡単になっていくのです。

あなたの学びをいつも応援しています!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です