英語を学んだらヨーロッパの言語もできる!

どうしてある言語を学んだら他の言語も習いやすくなりますか?

言語学んだら、次の言語の勉強は、簡単になります!

例えば、みなさんが勉強している英語の中で、言語の3分の1はゲルマン系(古英語)で、3分の2くらいはラテン系(イタリア語やスペイン、フランス語含む)です。

では、英語ができたら、イタリア語もスペイン語もフランス語もできますか?

いえいえ!その3分の2ぐらいで会話ができるはずがありません!

ただし、イタリア語をはじめ、ラテン系の言語を勉強する場合、言葉はよく似ていて覚えやすいです。

日本語の場合で、韓国語を勉強する際は、発音や単語上、文法もものすごく似ています。

英語とラテン系の言語の場合、言葉の相似は日常の言葉より専門用語や丁寧語に表れます。

例:

日本語(意味)英語*英語**イタリア語フランス語
yardgardengiadinojardin
豚・ポークpigporkporcoporc
草・植物grass・plantherberbaherbe
挨拶greetingsalutationsalutosalutation
布・組織clothtissuetessutotissu

*日常会話の英語

**専門用語、丁寧語、貴族の使い始めた言葉

一方で、ラテン系の言葉は同じ意味で使われず、他の言葉の要素となります。

例えば、英語で本は「book」と言い、本屋は「bookshop」ですが、図書館は「library」と言います。イタリア語で本は「libro」で、フランス語で「livre」と言います。

つまり、一つの言語を学んで喋れるようになると、全ての言語が喋れるようになる訳ではないのに、言葉の使い方、語源などに詳しくなり、あなたの話し方も、もっと正しく多様になっていくのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です