流暢に話すための近道とは?

あなたは英語の本を読むのに何時間も費やしますが、それでも話すことができず、イライラすることはありますか?

なぜあなたの努力が役に立たないのか、わかりますか?

おそらくあなたは間違った方法で努力をしているだけです

あなたが良い作家になりたいのなら、あなたは毎日書くべきです。

良いミュージシャンになりたいのなら、毎日楽器を演奏するべきです。

ですから、読書に時間を費やすと、優れた読者になります。執筆に時間を費やすと、執筆が改善され、同じことがリンスにも当てはまります。あなたは自分が上手になりたいことを実践する必要があります。

ヨーク大学の研究者は、私たちの学習負担が山のような線のパターンに似ていることを発見しました。新しいことをし始めは、負担が大きく、学習ペースは遅くなります。しかし、そこから、練習すると速くなっていきます。そして、自動的に話したりアウトプットができるようになると脳の負担が減り、自然に話せるようになります。

私が話すスキルを練習したいと思ったときに私がした面白い経験は、中学から高校の時に、旅行者向けに無料での観光ガイド役を自発的に行ったことです。小さな赤い旗に「無料の観光情報を提供します」と書いた旗竿を背中のリュックに刺して待っていたその日は、当時勉強していた英語、フランス語、ドイツ語を話す観光客と2〜3時間話しました。この小さなガイドの活動は、高校が終わるまでやり続けました。これは、とても有意義な経験でした。ネイティブスピーカーと一緒に練習することができ、途中で友達もできました!

だからこそ、私たちは常に授業でアウトプットの練習を行います。なぜなら、あなたのスピーキングとオーラルコミュニケーションへの自信を向上させてほしいからです。何かを上手に行う/使用できるようになると、自信がつきます。その時点に到達するには、行動し、言語を練習し、それを自分のものにする必要があります。

研究の参考文献

Rachel J. Bar, Joseph F. X. DeSouza. Tracking Plasticity: Effects of Long-Term Rehearsal in Expert Dancers Encoding Music to MovementPLOS ONE, 2016; 11 (1): e0147731 DOI: 10.1371/journal.pone.0147731

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です